pixia(ピクシア)講座☆世界で一番pixiaに近いサイト。CG検定3級、色彩検定1級のナビゲータがやさしく手ほどき!?

トップページ > ピクシアって? >

ピクシアって?

pixiaは、キャラに特化している!


ここまで読んでいただいたのなら、ある程度お気づきでしょう。

pixiaで描かれた作品は、キャラクター画が多いという事実に。
これは、単なる偶然でしょうか?

いいえ、違うでしょう。
それは、このソフトの特性にあると思います。

 

 

その特性を独断と偏見で取り上げてみたいと思います。

 

塗りに強い。

このソフトなら、塗りたい範囲を簡単に指定できて、はみ出しを気にせずに塗れます。
(ただし、線がハッキリしているキャラに限りますが)

領域を超えられない ピクシア
↑こんなことも朝飯前です(笑)

 

 

ボカシが使いやすいくて、いい感じ。

色を塗った後にボカシをかけると馴染んで自然な感じになります。
ボカシツールが使いやすいのは、お絵かきには必須でしょう。

ぼかしぼかし ピクシア講座  

↑いろいろなボカシです。ボクの精一杯の絵心です(笑)

 

 

 

色を選びやすい。

これは、あまり気づいていない人が多いですね。
色の指定の仕方が、絵的にいいんです。

 同じ色相で、トーンをスライダーで変えていったり、同じトーンを選びやすかったり。
(色彩的にちょっと難しい言葉になりましたが)

これって、フォトショップにはない使い勝手です。

 

カラーパレット ピクシア講座

↑さりげなく使いやすいです。

 


―――ざっとこんな感じでしょうか。

もちろん、僕は絵に関してはほぼ素人なので、これ以上はわかりません。
ひょっとしたら、もっといいメリットがあるのかもしれませんね。

とにかく、遊び気分で絵を描いていっても、それなりのモノができちゃうんだから不思議です。

 

かなり魅力的なCGソフトです。

 

★★★ 結論 ★★★

このソフトを使いこなせば絵の下手さはごまかせる!(笑)






中古パソコンはいかか?

WindowsXPからのお乗換えのあなたにオススメです!
ひょっとして、白いデスクトップバソコンとかお探しですか?^^